【HS】プレイ歴を語るだけ。

結局アンインストールしたので何か残したい欲に刈られた。
未練タラタラ定期。

 
~旧神のささやき期
2016年5月
学校でMTGやってた友人に誘われプレイ開始。
面白かったのでアドベだけ買って無理矢理テンポメイジ作成。

6月
ドラテン、ミッドレンジシャーマン、ミッドレンジハンターへと食指を伸ばす。
タスカー、荒野のおかしさと、それを運だけで出せるヨグのおかしさにやっと気づく。

7月
ミッドレンジハンターにて初ランク5到達。
その後は腕を磨く為カラザンまでテンポメイジ回しまくる。
あとは気が向いた時に回したいデッキ色々組んだ。
パトロン、鯛罪パラ、zooなどなど。
ミルローグもこの頃から組んでたハズ。使いこなせてはなかったが。
ニコ生最強ミルロ―ガ―のくろなめニキは今何してるんやろか…?


~ワンナイトinカラザン発売
・8月(9月かも?)
全カード取得後、ミッドレンジシャーマン作成。
ランク5は結局ハンターで到達。
シャーマンの色々なおかしさに気づく。

・9月
ナーフ発表。
環境もドルイドシャーマンだらけだったので、一時的にワイルドに逃げる。(シクレパラ、パトロンウォリアー作成)

・10月
環境トップ使うのは違うよなあ?とフリーズメイジしか握らない男が完成。
結局相性差激しくてすぐ飽きてドラゴンレノロック作ったけど、シャーマンには5分、ドルイドには不利という「俺これ何の為に握ってんの?」状態になったため、結局5斧入りドラテンばかり回すことに。
あとzoo、マリゴスローグ、ミルローグも結構回してた。


この頃はなんだかんだプレイ適当だった覚えが。
楽しかったとはいえ固まりすぎてる環境が悪いよ環境が。
いやでも面白かったよホントに。



~仁義なきガジェッツァン期
・12月
最初期はドラプリ作ったけど、マジで海賊しか見なくなったので、
「ん? 海賊って盤面制圧したらそれで終わりじゃね?」と気づき、カラザン期のミッドレンジシャーマンを持ち込んで一瞬でランク5到達。
ここでデッキの特性を把握し、うまくメタに合わせて勝ちに行く快感を知る。

その後は結局レノロック、海賊ウォリ、翡翠海賊シャーマン、ミラクルローグとその他有象無象という形のメタになり、ローグが多い時期に翡翠海賊シャーマンで初レジェンド到達。
翡翠ミッドレンジシャーマンというデッキも凄く好きだった。

・2017年1月
レノメイジでめっっっっっっっっっちゃ遊ぶ。
一生回してたんじゃねえかってレベルで回してた。
実力的にもこの頃が恐らく全盛期。
しかも1ゲーム1ゲームが深いので、勝つ度にガッツポーズ決めてた覚えがあるし、負けるたびに落ち込みつつリプレイ見て反省会してたというガチっぷり。

あとこの頃の蒼汁好き。めっちゃ配信見て勉強してた。
滑り込みではあったがランク5からレノメイジオンリーでレジェンドも再到達。


・2月
ナーフ発表。
レノメイジ使いだった俺は「やっべ翡翠増える…」と震えていた。
あとは上と一緒。


・3月
ファッキン上振れクソ野郎の隠れ身ローグにイラついてワイルド行ったりシャドバに逃げたり色々。
その後、冬休み中はほとんど空き時間ペルソナ5に費やしてて触ってねえ。
旧ブログ(現在消滅)はこの頃から開始。


~大魔境ウンゴロ
・4月~6月
発見メイジでめっっっっっっっっっちゃ遊ぶ。
結局俺は実力出やすいコントロールのメイジが好きなんやなあと。

とはいえマナワーム引けてない時のクエロは嫌いだったが。
ナーフ発表時は嬉しかったなあ…なおその後の環境。
まあ別に悪くは無かったけどフリメでよくねになったのが不満っちゃ不満だった。
なんだかんだでレジェ到達はできてなかった。
むしろ2回も行けたガジェ期がおかしかった。色々冴えまくってた。
今じゃあの実力は出せないだろうなあと思う。
まあ実力は既に出せない環境だが。

7月は環境に飽きてほとんどプレイしてなかったかな。
この頃シャドバ行ってたくらいだし。
バイト忙しかったのもあるか?


~凍てつく玉座の騎士団
・8月
スタンでてきとーにドルイドで遊ぶ。が、ドルイドミラーは精神的にキツいのでスタンではなんだかんだでプリ触ってたことの方が多かった覚えがある。
ランク5到達したら後はほとんどプレイせず。

・9月
ガジェ期にあったアヴィアナクンコンボ、もしかして究極の侵蝕でパーツ集めやすくなって強いのでは?と思い至り、アヴィアナクンクトゥーンのミッドレンジ寄りOTKドルイドを作成。
当時ワイルドランク低かったのもあったが、勝率75%以上というトンデモ数値を記録。
爆発力はあるが安定性には欠けてると感じ、ランク18辺りでマリゴス型へと舵を切り替え、ランクは上がってるのに勝率も上がるという謎現象が発生。
そうしてワイルドの荒波に飲まれていく。


そして…

f:id:pinky114:20181127013916j:plain


レジェ一桁初到達!
最終的なリストはこちら。
※練気虫害ナーフ前。

f:id:pinky114:20170908223804p:plain



似たような型のドルイドには何度か会ったけど、リッチキングを搭載し始めたのは恐らく俺が一番最初。
当時のドルイドが弱かったテンポゲームに無理矢理持ち込むことができ、ドルイドには除去が難しいのでミラーはこれ1枚だけで勝てたことに気づけたのは大きかった。
最初から最後までデッキを全て1から自力で作成、調整し、レジェ4位まで到達したという事実にただただ喜びと興奮があった。



・10月
ナーフ施工とその後…。
ワイルド4位到達で全てが燃え尽き、スタンはほとんど触らず、ワイルドで気が向いた時にミルローグを回して爆笑しながら遊ぶ程度のプレイヤーへと変化。

この頃リアルが何かと忙しくなり、コボルトの発売もあったが先程の通りHSは燃え尽きていたのでパックも買う気は起こらず、配信だけで満足する民と化す。
環境見る限りやりてえなあとも思えなくなってたし。
電験三種の勉強も要因としてはあったが…、まあこれについては過去記事参照ということで。





ウィッチウッド発売、スタン落ち施工~現在
電験三種に向けて勉強してたので息抜きにやる程度でほとんど触らず。
出たばっかりの頃のワイルドで瞬発火力偏重の奇パラ作って、1ターンに40点以上出して大爆笑してた覚えがある。
まあそんな程度。

そして現在。まあここも詳細は過去記事参照ということで。

 

tcgiroiro.hateblo.jp


結局、レジェ4位になるまでが一番HSを楽しんでいたなあという感触。



ちなみにMTGに初めて触れたのはレジェ4位到達した少し後。
TCG自体の知識を追い求めて、アグロ、ミッドレンジ、コントロール、テンポ、ミラクル、ミル、ランプといった単語を追いかけてたらMTGに到達。
あとイラストがMTG寄りで~とか、スタンダードというシステムについても調べてる内にMTGという単語を見かける事が多く、敷居自体はガッツリと下がっていたと思う。
きっかけとしては、また友人の誘いから勢いでイクサランのPWデッキを一緒に購入。
そしてその後紙pauperに参入。
身内対戦なので環境は超狭いけど、カードは揃えやすかったので色々作れたのが入口として大きすぎた。まあプロキシ使いまくってるけどさw
そしてその流れでMOへ。
とはいえ電験三種があったので、本格的な参入はほとんど最近。



さて、
本格的にHSをプレイしていたのは結局1年と少しだったが、遊戯王を引退してからTCGに関わりの無かった俺に再びTCGの面白さを教えてくれたこと、
そしてMTGという素晴らしいゲームと出会うきっかけをくれたこと、本当に感謝している。
途中から文句ばっかりだったけど、そもそもHSが無きゃ何も始まらなかったからね。
プレイを始めた当時、灰色だった俺の毎日に色を作ってくれたこと、本当に感謝してるよ。

ありがとう、そしてさようなら。