【MTG】HS勢向けのMTG布教記事④ 逸話編


正直MTGの逸話とか小ネタを集めただけなので、
形だけなぞってHS勢向けってしてあるけどぶっちゃけ何も気にしなくてOK。

え? ルール編?
書いてる途中で飽きちゃった…面白く説明するの難しすぎるわ。
(幻の③があるのでタイトルが④に)

※デルバー関連ちょっと追加。




◆色んな意味でヤベーカード達。
カードゲームには必ずと言っていいほど、調整ミスって出してしまったカードが存在している。
HSのアンダーテイカ―、遊戯王のマキュラと不愉快な仲間達、DMのボルバルザークなどなど…

そして、これはMTGも例外ではなく、
1993年、一番最初に発売されたアルファ版のパックに収録された、9枚のカード達…。

・Black Lotus
・Ancestral Recall
・Time Walk
・Time Twister
Mox Jet
Mox Ruby
Mox Pearl
Mox Sapphire
Mox Emerald

この9枚のカードはその強すぎる性能から

「Power9」

と呼ばれている。

ちなみにこれらのカードを使えるルールは(公式フォーマットでは)ヴィンテージのみ。しかも制限カード(デッキに1枚のみしか入れられない)。
で、一番上の「BlackLotus」

f:id:pinky114:20181103001124j:plain

貴重さと需要と絵柄の美しさと再録禁止指定に支えられ、
状態がそんなによくない白枠*1ですら「軽く50万は越える」
状態が良い黒枠だととりあえず100万は余裕で越えるし、ネットで300万で売ってるのも見たことあるし、何なら「金があっても現物が無い」なんて状況まであるらしい。
最近1000万くらいでアルファ版の美品が落札されたって話も。
ちなみに効果はHSの3マナ版練気。

そんなブラックロータスはMOでも使えます。
…でもお高いんでしょう?
そんなことはありません!
なんと、MOならなんとたったの26tix!(1tix≒1ドル)
お買い得ですよぉ~?


ちなみにPower9ではないけど同じように再録禁止指定を食らったカードの「DualLand」と呼ばれるカード群(デメリット無しアンタップインで2色出せる土地)も似たような扱いを受けている。
具体的にはUnderground Seaってカードが5~6万くらい。
で環境によっては3枚必須。桁がおかしい。
再録禁止喰らう前に再録機会に恵まれてたので、power9に比べたら価格としてはまあ抑え気味ではあるけども…。




MTGがうまくなるとあずにゃんにお祝いしてもらえる。
嘘じゃないぞ。

ちなみに最近(PTラヴニカのギルド)でもあずにゃんの誕生日パワーでトップ8入ってたんだよなあ。
twitter中野梓生誕祭2018のタグの中で一人だけ淡々と勝利報告してたあの光景が頭から離れん。


◆ヤベー暗黒期
カードゲームには必ずと言っていいほど調整ミスによって発生する暗黒期が存在する。
ボルバルマスターズ、ヤタロック、修復オサキループ、GVG全盛期フェイスハンター、Nヴ(昏きヴ)などなど…。

これはMTGも例外ではない。

MoMaという、余裕で先行1ターンキルすらも発生させたデッキが過去にあった。参考
それは対処手段が一切なく、しかもソリティアが長い為、当時のプレイヤーに「対策はカバン一杯のガラスの仮面」と言わせたほど。
MTGどころかカードゲーム史上全てにおいて最悪なデッキとも言われている。



…とはいえ、暗黒期とか1強環境の話になると必ず上がる良い方の話題もMTGにはある。

環境が「ネクロディスク」という黒のボードコントロールデッキ1強に染まった時期があった。
他のデッキを圧倒していたこのデッキは大会上位を黒に染め上げ、誰もがネクロディスクが当時の環境で最強であると確信していた。
間違いなく大会環境でも流行るだろうと確信したTomChanphengは、
アンチ黒のカードが搭載された対ネクロディスク専用白単ビートダウンの「12Knights」を大会に持ち込み見事優勝。
仮に1強環境でもメタ、構成次第で勝ちに行けるということを証明してくれた。(参考
名前がカッコイイ。しかも最終戦が黒の騎士と白の騎士との激突っていう形になってるのもハマりすぎてる。

…まあネクロディスクが美化されてるだけで大抵は1強環境のままで終わるんだけどね。悲しい事に。
とはいえ現MTG環境(ラヴニカのギルド)はどれを取っても良環境と言える素晴らしい出来になってます。
スタンは緑黒がちょっと飛びぬけてるかなって感触するけど、他のデッキが壊滅的に戦えないかと言われるとそんなことはない。
なんだかんだでプレイングが響いてるなあという印象。メタ比率も緑黒が18%で、ジェスカイ、青赤、白t赤ウィニーがそれぞれ11~13%って面白い比率になってるし。


◆HSのデッキ名は大体MTGから来てるという話。
アグロ、ミッドレンジ、コントロール、テンポを始め、カードゲーム用語はMTGから来ている物が多い。

ラクルローグのミラクルはMTGのミラクルグロウってデッキから来てる。
こちらは青緑ベースで、呪文を使うほどサイズアップするクリーチャーとドロースペルを絡めて1ターンで大ダメージを出すデッキ。
HSの場合はガジェッツァンの競売人が強いのでそこに目が行ってるけど、厳密にはエドウィンやクエスト中の冒険者の方が近い。
余談で、Miracle(奇跡)っていうキーワード能力があるけどこれとは関係ない。


zooも元はMTG。赤と緑で、クリーチャーと火力呪文で削りきるというデッキ。
クリーチャーが犬やら猿やらで動物園みたいということから名付けられた。
なんか最近は自分にバーン打つっていう奇妙すぎる動きするSuperCrazyZooってのがいるが。しかも動物園だったはずなのに1/13/13のでっかい影いるし。


ミルローグのミル(Mill)は、石臼/MillStoneというカードから来ている。

f:id:pinky114:20181110233622j:plain

ちなみにMTGのデッキデス系のデッキはLibraryOut(LO)と呼ばれてる。
正直、何でHSだとミルなんだろうなって未だに疑問。語感はいいけど。
んでこれと似たようなデッキ破壊系カードはミルって呼ばれてる。


ランプもMTG。単純にマナ加速で重いカードを使うデッキで使われている。



◆なんだかんだでHSよりヤバいカード達。
まあBlackLotusの時点で相当ヤバい気がするが…。



HSプレイヤーならばちんけなバッカーニアというカードをご存知だろう。
海賊環境を作り上げた元凶で、コミュニティからの強い要望によりHSで史上初、発売から3ヶ月以内にナーフされた伝説のカードである。
f:id:pinky114:20181128220003p:plain

しかもここから一緒にパッチーズが飛んでくるんだから容赦ねえ。
そりゃ後攻コイン終末突破できるわ。


ちんけなバッカーニアはそのステータス(実質3/2)より、フェイスデッキに採用するのが強いと見える。
事実、超高速アグロの【海賊ウォリアー】にて猛威を奮っていた。


さて、唐突だがMTGには「飛行」というキーワード能力がある。
効果はHSでいうと「顔だけなら挑発を無視して攻撃できる(ただしお互い飛行同士なら挑発は無視できないし、飛行専門の挑発もいる)」みたいな感じ。
顔に突撃しまくるフェイスデッキには最適な効果といえよう。
また、MTGのフィニッシャーとして採用されるカードの中にも飛行が付いてるものがいる。



では問題。
MTGの場合「条件付き3/2」と「飛行」が1体のクリーチャーに集中していた場合、何コスになるだろうか?










答えは1コスである。

f:id:pinky114:20181128220840j:plain


とはいえ、青はフェイスデッキが作り辛かったので、
青が得意な「相手のカードを無効化」する呪文と組み合わせて、自分のクリーチャーを守りながら戦うアーキタイプ【クロック・パーミッション】の一員として採用される。

f:id:pinky114:20181128223353j:plain

スタンで採用可能だった時代にはこのカード(Delver of Secrets)と、当時強かった装備品から名前を取った【Delver-Blade】というアーキタイプが存在していた。
更に、レガシーではこのカードの名前を冠にした【グリクシスデルバー】が環境に存在し(しかもちょっと前まで環境トップ)、果てにはヴィンテージでも採用されるほど。

モダンでは色々と事情があって最近は減少気味。
とはいえ採用されていた実績があるというだけでも十分な気はするが。
今でも別に弱いわけじゃないし。



じゃあ次。



さて、HSには旧神というカード群が存在する。
そのどれもがWoW世界観で想像を絶する力と能力があることが見て取れる。
まあHSでも十分ぶっ壊れた効果を持ってるけど、
WoWではあのアゼロス5大護竜*2の1人であるネルサリオン(後のデスウィング)をN'zothが洗脳して操っていたというのが印象強い。

f:id:pinky114:20181128223954g:plain


さて、MTGではというと…
・とんでもない力を持った怪物が複数いる。
・それと対峙できる強大な力を持った何かによって封印されている。
・事件が起こり封印が解けて現界。
・そのうち一体は洗脳が得意。
ってところまではほとんど一緒なんだけど、

洗脳する対象がプレイヤーなのである。
まんま、プレイヤーのコントロールを得るって。

f:id:pinky114:20181128224952j:plain

圧倒的な元禁止カードの貫禄。

ちなみに上のカードは現界2回目の時で、1回目はコチラ。

f:id:pinky114:20181128225217j:plain


魅了されたならもう君も立派なエムラクールだ!
我はエムラクール!我はエムラクール
エムラクールに茶を出せ。


冗談はさておき、下のでっかいキノコはレガシー、ヴィンテージで活躍中。
上はたまーにモダンで見る。




*1:一度だけされた再録版が枠が白い物になってます。アルファ、ベータ版は共に黒枠。

*2:リーダーのネルサリオンを筆頭に、アレクストラーザ、マリゴス、ノズドルム、イセラの5人。ネファリアンとオニクシアはネルサリオンの子供なので除外。