【MTG】HS勢向けのMTG布教記事① 全体的な概要編


MTGへのいい入口になってもらえたらなあと。
正直なところシャでもOK。
概要なんかどうでもいいからルール教えろって方はコチラをどうぞ。 

tcgiroiro.hateblo.jp

 ちなみに概要編は正直なところHSやってなくても全然読めると思う。

 

まず英語がある程度できないと難しい。
これはもう許容するしかない。


◆プレイする場所
リアルでできるなら問題無いが、カードもそこそこするし人によっては難しいのかなと思います。
なので、デジタルでプレイするのを前提とすると、
現在はMagicOnline(以下MO)とMTGArena(以下MTGA)が主。

MOは初期投資と、場合によってはそれなりの追加投資も求めらるが、できることが多い。
対してMTGAは基本無料プレイ、課金要素アリなゲームになってるが、現在スタンダードにしか対応しておらず、下環境(後述)は遊べない仕様になっている。
入口としてはMTGAの方がオススメ。
(MO、MTGA両方英語)

また、もう一つ別のアプローチとして、MagicDuelsってゲームもある。
こっちは日本語対応、現在Steamで無料配信中。
テンポ悪い+過去環境のままで止まってるので、あまりオススメはしないけど、ルールを覚える為ってだけなら一番手っ取り早いかなと。
俺はルール覚える為に2017年の秋頃始めたけどテンポ悪くてすぐ投げて結局友達に教えてもらった。なんやねんコイツ。
キーワード能力とかは英語でググればMTGwikiが優しく教えてくれるので、困ったらgoogle先生に頼るのが一番近道かもしれない。
(でもシャドウだけ未だにあやふやになることがある)


◆構築ルールについて。
HS、SVは構築のルールが2つ(スタンダードとワイルド、またはアンリミテッド)あるが、MTGは更に多くのルールがある。

f:id:pinky114:20181027123117j:plain


*1


また、HSの闘技場、SVの2Pickのようなカードを選んで即興でデッキを構築する方式は、
・シールド:その場で6パック剥いて40枚のデッキを構築するルール。
・ドラフト:説明めんどいので参照。やってるとこ見た方が早いかも。
この2つはMTGAでもMOでもプレイ可。


始めはMTGAでそれなりにカードに触れて、ルールを覚えてからMOの安いフォーマット(MOへの参入自体はPennyDreadful>スタン>Pauperの順でオススメ)で遊ぶのをオススメします。
というかMTGA自体触りとシールド、ドラフト練習用としてのオススメしかできないのが本音。


◆MOとMTGAの違いについて。
ルール編の方で更に詳しく解説を入れるつもりだが、本来MTGは2戦先取した方が勝つゲーム。
1戦1戦の合間にデッキ構築を少しだけ弄ることができるルール(以下、便宜上サイドと言います)があるのだが、
MTGAの場合はこれが導入されておらず、1戦のみで試合が決まる。
実際サイド関連はMTGにおいて非常に難しい要素なので、これはMTGへの敷居を下げてくれてはいるものの、逆にサイドというMTGの良さを削っていると見てもいい。
逆にMOはもはや化石と言っていいUIなので、それが嫌ならMTGAなのかなぁと。

そして、MOでもう一つある利点は、ゲーム内通貨はRMTしても大丈夫なことと、スタンのカードを(期限はあるが)現物に変換できること。
なのでカード1枚1枚に結構な値段が付く。
そしてゲーム内で優秀な成績をつけると世界大会への出場権利も貰えたりする。ガチ勢向け。

まとめると、

・MTGA
UI綺麗。
カードがそこそこ揃えやすい。
構築戦でサイドが無い。
シールド、ドラフト向け(?)

・MO
化石UI。
初期投資それなりに必要。
カードの現物化が可能。RMTも可能。
場合によっては世界大会へ。

俺がMO寄りな人間だからだいぶ贔屓しちゃってると思うけどね。


とりあえずこんなところ。
次回のルール編にご期待ください。

*1:EDH、Brawlは1v1、4人対戦があります。