【HS】スタン完全引退します。

もうありえねえ。とりあえずスタンは二度と触らん。
ワイルドですら続けるか分からんが、現状スタンよりワイルドの方がよっっっっっっっっっっぽど面白い事をさっさと理解しろ、だからウンチブリブリブリザードって言われんだよ。
今回の記事は文句ばっかりの記事になるので注意です。

 

事の流れ。
①HSの人口がなぜか(笑)少なくなる
②(俺は散々言ってたけど)デッキの相性差、1枚のパワーカードで変わる相性が問題であるとViciousSyndicate(以下VS)が指摘
③ブリザードのなんか凄い人(遊戯王でいうビッグ5みたいな奴)の一人がこの記事に反応、そしてナーフという流れ。

俺のTwitter見れば分かるけど、
今回のナーフの存在は知ってたけどこんな流れになってるって知ったのは発表後。
VSとそれに反応したブリのなんか凄い人の話とかは一切知らんかった。
知ってたら今回の期待感はすごく大きなものになってたんじゃないかな。

まあ期待感を大きくするってことは祓い清め事件をもう一度起こす可能性もあるからしない方がいい。まずブリはこれを学べ。
そしてシャドバもそうだがナーフをイベントにするな。
ナーフってのは
「自分たちの作ったカードは欠陥品でした。申し訳ありません」って謝罪してる前提でする行為であることを学んでくれ。

※ただしワイルドはok。MTGのモダン含む下環境、ポケカのエクスパンデッド含む下環境なんかでもそうだが、広いカードプールでのカードの追加によって事件を起こすのは見逃してしまっても仕方ない。
むしろ禁止、ナーフがあることによって見てくれてるんだなという安心感がある方が嬉しい。
なので、今回のアヴィアナナーフに関して「のみ」好意的に受け止められる。


で、問題のナーフ内容。
f:id:pinky114:20181016224032p:plain

f:id:pinky114:20181016224042p:plain
f:id:pinky114:20181016224050p:plain


アヴィアナ   ← サンキューベン



含み笑う発明家 ← まあ分かる
マナワーム   ← 今!?!?!?!?
以上      ← 以上!?!?!?!?!?!?!?wwwwwwww

VSのレポートを本当に見たのか?
VSが言いたかった事何か覚えてるか?
相性差が与える影響がデカすぎるから、プレイヤーの選択が一番大きい要素にして欲しいって言ってるんだが!?!?!?
鰤はVSのレポートを100000000回読め。
そして暇があれば俺の記事も読め。
 tcgiroiro.hateblo.jp


俺が思う今のスタンの激しい相性差を形成しているカードを挙げる
★は特に顕著だと思う物につけました。
①メックトゥーン
②★地底の大洞窟(ローグクエスト)
③★(→またはソニア、DKローグ)
④★ケレセス公爵
⑤★広がり行く虫害
⑥★究極の侵蝕
⑦ハドロノックス
⑧DKハンター
⑨DKウォロ
⑩DKドルイド
⑪シャダウォック
⑫アルネス
⑬樫の召喚&鉄木のゴーレム
⑭ゲン・グレイメイン
⑮月を喰らう者、バク
⑯★スーパーコライダー
⑰★狂気の天才ドクターブーム


正直上げようと思えばまだ上げれる。
まあ基本的には無限リソース系、OTK系、圧殺系なんだけど。
で、俺が思うのは★をつけたカードから一枚もナーフされていないこと。
★つけたカードって特に相性差を産んでるデッキだと思うんだけど…鰤的には違うんやろなぁ。
そして鰤的にはマナワームこそが相性差を形成しているカードと…
いや確かにテンポメイジの1Tマナワは最強だしその通りではあるんだけど、別に2コスの除去に困ってるヒーローなんて偶数奇数デッキくらいだし、そいつらはそれ以上のムーブしてくるし、
そして何より、

それ以上にやることがあるだろうが。

相性差を覆す気がないのか、相性差を問題視してないのか、それとも何か別の事情?
それにしたって今回のナーフはセンスが無さ過ぎる。
これならナーフ対象は発明家とアヴィアナだけでよかった。
実際にこのナーフでクエロも奇数ウォリも(というか奇数系全体が)弱体化されるが、その変化もケレセスの一言でどうでもよくなる。
スタン落ちするから許せで通されてたバーンズより不愉快。
鰤気づいてるか? 結局のところ相性差、1枚のパワカで変わる相性差については変わってないんだぞ?


というかHSにおいて相性差が激しいというのは他TCGと比べた上でより重い意味が含まれている。
なぜか?
HSはいい意味でも悪い意味でも単純だからだ。

例えばMTG
ドローしても土地を引くという可能性がある為、ドローという行動自体がHSと比べるとどうしても弱い。

例えばポケカ
大きなドローも可能だが、1Tに1回の制約が含まれるルールがいくつかある為、ドローは勝敗を決定する要因にはなりづらい。(サイド関係でドローが弱いこともある)
むしろサーチカード多いのでカードの切り方とプレイングが勝率にかなり影響する。

そしてHS。
マナが勝手に溜まるので、ドローしたカードは待てば使えるようになるし、デッキ枚数のリソースは他TCGと比べて圧倒的に絶対的。
言うなら、ドローという行為は単純に使えるカード、つまり選択肢を増やすという行動に直結しやすい。
MTG換算すると、HSは10Tまで土地と土地以外の何かで2枚引いている感覚に近い。
この辺りの選択肢が無い為、カードが出すだけで済むようになると相性差、パワーカードの叩きつけ合いになってしまうと試合は引きで決まることになり、文字通りパワカの叩きつけ合いをするだけのゲームになる。
だからこそ、カードパワーはある程度抑えられている必要がある。これを理解してくれ。


もうスタン事情を追っかけるのも疲れてしまった。結局失望させられるんだし、俺が望むハースストーンは二度と帰ってこないというものと認識してpauperとワイルドだけ一生やるのが正解なんだろう。


あぁ、もし何かの間違いで相性差が出にくくなってたなら、勿論戻ってくるよ。
もし戻ってたらの話な。